厳選マンおすすめのアイテム&トレンドを紹介

世の中に溢れる物の中から厳選した商品や人気アイテムランキングを紹介します ※当ブログのリンク先は主にアフィリエイト(広告)です

Home » 生活 » タイムズカーシェアで【ヤリスクロス】を借りてみた「安さも比較」

タイムズカーシェアで【ヤリスクロス】を借りてみた「安さも比較」

calendar

reload

タイムズカーシェアで【ヤリスクロス】を借りてみた「安さも比較」

カーシェア業界ナンバーワン

【タイムズカーシェア】

全国各地にある駐車場で有名ですね

そんなタイムズの駐車場でカーシェアが出来るらしい

今度、「伊豆下田」旅行へ行くときにレンタルカーを借りる予定なので、試しにタイムズのカーシェアを利用してみました

借りた車はトヨタ「ヤリスクロス」

事前にウェブで会員登録

「すぐ乗り入会」

料金はメンバーカードの発行手数料が1650円

月々の支払いが880円(無料利用分として料金に当てる事が出来ます)

会員登録の翌日に使いたかったので、メンバーカードは間に合わず

スマートフォンのアプリで予約して

時間の10分前になるとアプリからドアの鍵を開けられたのはビックリしました


【利用料金】

タイムズカーシェアの基本料金はグレードによって3段階に別れています

ベーシック「220円〜15分」

ミドル「330円〜15分」

プレミアム「440円〜15分」

ヤリスクロスのグレードはベーシック

ちょっとドライブして荷物がどれくらい積み込めるかのチェックして1時間30分ほど利用

すぐにメールできた返却証がこちら▼

1時間30分利用・1320円(220円×6)

安心補償サービス330円も付けて合計1650円

タイムズカーシェアはガソリン代も入っているので割安感があります

※6時間以上の利用は1kmあたり16円の距離料金が掛かります

レンタカーみたいに必ずガソリン満タン返却をしなくていいのはお手軽ですね

ちなみにガソリンの給油は備え付けのカードを使って入れます

エネオス、出光、コスモ石油など大手のガソリンスタンドで給油可能で安心です


運転記録

最高速度から急加速の回数まですべて把握されています

凄いシステムで感心しましたが・・

車を大事に乗って安全運転をしましょうと言う事ですね


【ヤリスクロスにサーフボード】

伊豆下田の旅行でサーフボードを持っていく予定なので入るかも試してみました

サイズはファンボード「7.0」サイズ

後部座席を半分倒して運転席と助手席の間にサーフボード

入りますが運転する時に干渉してちょっと邪魔です

後部座席を全部倒して

斜めに置く

これが一番邪魔にならない積み方ですかね

載せれるサーフボードは「7.0」フィートサイズでギリギリと言った感じです



【伊豆下田】旅行

一泊二日

夜9時に借りて翌々日の9時に返す予定で予約

タイムズのカーシェアは24時間いつでもレンタル、返却が出来るところが大きなメリットです

基本使用料が9900円(48時間)

距離料金、安心保証サービス別途


で、実際に旅行から帰って返却が完了した時点で来たメールの料金表がこちら▼

時間料金9900円(45時間19分)

距離料金9968円

安心補償サービス330円

合計金額・20198円


「距離料金・とガソリン代の関係」

タイムズカーシェアはガソリン代が掛かりません

車に備え付けのカードで給油や洗車をする事が可能になっています

その替わりに6時間以上の長時間使用する場合はガソリン代として実際に走行した距離に応じて「距離料金」が掛かります


今回レンタルしたあとにすぐ給油をして満タンで出発

伊豆下田まで往復623キロ

旅行中は一度もガソリンを入れること無く、帰って洗車して給油を行ってすぐに返却

レギュラーガソリン・リッター「158円」

給油料金が「4283円」

タイムズの距離料金「9968円」との比較だと5000円以上の差が出ました


【ヤリスクロス・ハイブリッド】

燃費性能

距離料金と実際のガソリン代の差はヤリスクロス(ハイブリッド)の燃費性能の良さが原因ですね

旅行前にメーターをリセットしてディスプレイに「平均燃費」を常に表示させて走っていましたが、常時「24〜25km」あたりで推移していました

ちなみに走行623kmの内約は高速道路が約400キロ、下道が約200kmと言った感じです

タイムズカーシェアのガソリン代(距離料金)は1リッターあたり「10km」程度で計算されているので

ヤリスクロスハイブリッドの様に燃費の良い車種で長距離を走る場合は損をした気分になりますね


「ACCレーダークルーズコントロール」

ヤリスクロスに搭載されていた自動運転がめっちゃ便利でした

ACCをセットして速度や車間距離、レーンキープ(ハンドル支援)をセットしたらほぼ自動

アクセルを踏む必要もなくハンドルも添えているだけ

高速はもちろんバイパスや真っ直ぐの長い下道でもフル活用しました

高速は追い越しもすべてハンドルのスイッチ操作だけでスムーズに走行が出来たので、ゲームをしている感覚で逆に緊急時にはちょっと怖いかもしれません

それでも、通常の運転に比べると疲れが半減じゃ済まないくらいめちゃめちゃ楽です

ただし、マイカー(ワゴンR・2009年式)に戻った時に色んな意味で涙が出ます(笑)

来年クルコン装備車を購入する為に「がんばろう」と誓った2023年6月「伊豆下田」旅行でした


【タイムズカーシェアとレンタカーの比較】

レンタカーと値段の比較について

どちらが安いかは結論から言うと「使い方と借りる車種次第」

燃費良いクルマで長距離を走るなら断然「レンタカーが安い」


例えば今回の「ヤリスクロス」と同等車種をレンタルする場合

私の場合は「ACCレーダークルーズコントロール」搭載が必須条件だったので

「車種を選べる」

と言った点はタイムズカーシェアの大きなメリットですね


今回の旅行に行く前にレンタカーの最安値を探している時に「ライズ」ならキャンペーンで48時間「14800円」でありましたが

ただ、ライズは大きさや排気量はヤリスクロスと似たような感じですが、ACCクルコンに関しては全グレードに標準装備されている訳ではないので、選びませんでした

料金に関しても事前の計算でタイムズカーシェア「約20000円」

レンタルだと14800円+ガソリン代でおおよそ「約20000円」

ほとんど変わらないと思っていましたが、予想外だったのがヤリスクロスの燃費の良さ


結論・・

燃費が良い車で長距離走るならレンタカーの方がお得

今回は走行距離が600キロぐらいでしたがこれが1200キロになると

48時間レンタル

タイムズカーシェア「基本料9900円+距離料金19200円」合計約「29100円」

レンタカー「基本料金14800円+ガソリン代約9000円」合計約「23800円」

※距離を走れば走るほど差が開いていきます



以上

タイムズカーシェアで「ヤリスクロス」を借りてみた感想でした

レンタカーと違ってアプリだけで利用できるので、空いている車種を選べて非対面の手続きが出来るなど手軽で良い点がたくさんあります

ただ、タイムズカーシェアは毎月の利用料やカードの発行手数料も掛かります

頻繁に利用しない方はレンタカーの方がお得に利用できると思うので、車を借りる場所や利用状況に応じて比較検討してみるのが大事ですね


【楽天カード】

激レア!10000ポイント還元キャンペーン開催中!

〜2024年4月8日(月曜)朝10時まで

キャンペーンの詳細記事はこちらから▼


携帯代の節約なら「楽天モバイル」

通信障害や速度の問題など色々あるけど・・

コスパ最強は間違いなし!(データ無制限「2980円」税別)

楽天市場での買い物が4倍になるなどポイ活にもおすすめ

「関連記事」


【楽天市場】

ただいま「お買い物マラソン」開催中!

〜2024年4月10日(水曜)1時59分まで

ショップ買回り&ラクマ購入でポイント最大11倍

うまく活用したい買い周りキャンペーンですが、ポイントの為に「不要な物」を買ってしまうより、家族友達みんなで幸せになれる美味しい食品関係がおすすめです

「関連記事」

お買い物マラソンにおすすめの記事はこちらからご覧ください▼

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す