厳選マンおすすめのアイテム&トレンドを紹介

世の中に溢れる物の中から厳選した商品や人気アイテムランキングを紹介します ※当ブログのリンク先は主にアフィリエイト(広告)です

Home » 旅行 » 楽天トラベル・じゃらん・ブッキング.comで【ホテル伊豆急】を比較

楽天トラベル・じゃらん・ブッキング.comで【ホテル伊豆急】を比較

calendar

reload

2023年6月下旬

年に数回取れるか取れないかの有給休暇が取れたので「伊豆下田」旅行へ行くことになりました

最大の目的はヒリゾ浜

と海水浴&サーフィンという事で

泊まるホテルは「白浜大浜海水浴場」の目の前にある

「ホテル伊豆急」に決定

6月の終わりに行く理由は一にも二にも宿泊代が安いからですね

伊豆下田はハイシーズンの夏になると、どこのホテルも宿泊費がバカ高くなります


早速ホテルを予約

私が普段使っている旅行予約サイトは「楽天トラベル」と「ブッキングドットコム」

両者を比較して国内旅行は楽天トラベル、海外はブッキングで予約をする事が多いです

今回は普段使わない「じゃらんnet」も比較対象に入れてみます


楽天トラベル

13200円(大人2人)

ポイント120P

ブッキング.com

13860円

じゃらんnet

13200円

ポイント264P


3つのサイトを比較すると「楽天トラベル」と「じゃらん」は同じ13200円ですが

もらえるポイントが「楽天トラベル・120P」「じゃらん・264P」でじゃらんの方がお得ですね

すべて同じ条件の部屋かは分かりませんが「ブッキング」は13860円とちょっと高めです

しかもこの料金はクレジットカードで宿泊の5日ほど前に前払いで決済するという条件付きの金額で、現地払いの場合は15400円となっています

やはりこれまでの傾向と同様で「国内のホテル」に関しては楽天トラベルの方がお得ですね

「じゃらんnet」は初めて比較してみましたが、母体が大企業の「リクルート」だけあって強そうです


で、私が予約したのがこちら▼

ブッキング.com

和室では無く、ベッドタイプの部屋が「ブッキング.com」だけありました

うちの「ボス」は和室より洋室派なので迷わずこちらをチョイス

※ホテルを探しはじめたのが、5月下旬からとちょっと遅かったので「楽天トラベル」と「じゃらん」の洋室は売り切れていたのかもしれません

洋室ツインルーム

13860円(入浴税、別途300円)

「ブッキング」の強みは直前までキャンセルが無料なホテルが多いところですね

※今回は宿泊日が6月30日で27日23時59分までキャンセル無料

ヒリゾ浜は以前に経験済みですが、天候が悪いと船が欠航になり行けないので直前でも無料でキャンセルが出来るのはありがたいです


冒頭で伊豆下田のホテルはハイシーズンの夏になるとバカ高くなると言いましたが

ちなみに一ヶ月遅れで「伊豆急ホテル」に泊まる場合の料金がこちら▼

楽天トラベル

2023年7月28日(金曜日)〜

ブッキング.comと同じ部屋

ハイシーズンなら52140円のホテルに13200円で泊まれるのはありがたい事ですね

※ちなみにさらに1日ずらして7月29日(土曜日)〜宿泊になると同じ部屋、同じ素泊まりで「70840円」になります・・おそろしや

最新の下田「ホテル伊豆急」の宿泊料金はこちらからチェックできます▼

楽天トラベル

下田温泉 ホテル伊豆急



ホテルのついでに現地でレンタカーを借りる場合の比較もしてみました

新幹線を使って行って下田に一番近い「熱海駅」から車を借りる想定で

楽天トラベル

15070円

ポイント137P

ブッキング.com

13957円

じゃらんnet

12870円

ポイント256P


まず「楽天トラベル」「じゃらん」の比較から

楽天15070円、じゃらん12870円となっていますが、じゃらんの方は事故を起こした時などに安心の「免責保証」の保険が付いていないので、基本料だけ見ると楽天も同じ12870円です

もらえるポイントの比較だと

じゃらんnetは2%の「256P」

楽天トラベルは1%の「137P」

となっているので「じゃらんnet」の方がお得ですね

レンタカーの予約やプランの比較はこちからチェック▼

じゃらんレンタカー


最安値は「ブッキング.com」の13957円

こちらは楽天トラベルと同じ2200円の免責補償制度(CDW)も入った価格なので文句なしの最安値です

※ブッキングの名称は「自車両損害補償精度(CDW)」となっています



【まとめ】

以上、伊豆下田旅行へ行くという事で、私がよく使う旅行予約サイト「楽天トラベル」「ブッキング.コム」と有名な大手国内旅行サイト「じゃらんnet」の比較をしてみました

感想・・

普段使わない「じゃらんnet」が思ったより安くて感心しました

もらえるポイントも楽天1%に対してじゃらん2%


しかし、私は「楽天経済圏」の人間です

楽天のポイントはコンビニや飲食店ですぐ消化できます

また、楽天トラベルを利用すると楽天市場での買い物が1倍になったりする特典があるので

楽天経済圏にお住まいの方にはやはり楽天トラベルがおすすめです▼


楽天経済圏の方以外ならポイントも2倍貯まり、楽天とホテルの料金もプランも遜色のない「じゃらんnet」の方がお得かもしれません

ただ、両者とも扱っているホテルや料金は同じ様な感じで、違いがあるとすれば高級ホテルや豪華な食事が付いたプランでそれぞれ独自の「限定」プランを打ち出している印象です

私の場合は多くても年に2〜3回ほどしか旅行に行く機会は無く豪華な食事が付いたプランを選ぶ事はまず無いので、わざわざ「じゃらん」で会員登録してまで使うメリットはなさそうに感じています

「じゃらんnet」は旅行が多い方やもらえるポイントが「dポイント」と「ポンタポイント」から選べる様なので、ドコモ、auの経済圏にお住まいの方にはおすすめですね

伊豆下田・熱海のホテル検索はこちからチェック▼

じゃらんnet


最後に「ブッキングドットコム」

上2つの旅行予約サイトは同じ日本国内の会社と言うことで扱っているホテルや料金に差はほとんどみられませんでした

ブッキングドットコムに関しては値段なども含め、プランに違いが出るホテルが多いので楽天やじゃらんを使っている人も比較対象にする価値はあると思います

特徴としては部屋の質を下げてでも最安値に挑戦しているのが「ブッキングドットコム」

例えばビーチサイドのホテルならオーシャンビューでも上の階に行く方が良質な部屋と言えますし、中心街のホテルでも上層階と下層階は料金に差があるのが一般的です

たまに「楽天トラベル」と比較している時に見た目は同じ様な部屋でもかなり割安な料金になっているホテルを見かけたりしますが、その裏には上記の様なカラクリがあるのかもしれません

あと、国内海外問わず航空券に関しては「ブッキングドットコム」が安い事が圧倒的に多く

海外のホテルに関しても世界最大規模の旅行サイトである「ブッキングドットコム」が圧勝と言った印象です

行き先や泊まるホテルによって旅行予約サイトを上手く使い分けるのが理想的かもしれませんね


【楽天市場】

「お買い物マラソン」開催中!

〜2024年2月23日(金曜)01時59分まで

ショップ買回り&ラクマ購入でポイント最大11倍

うまく活用したい買い周りキャンペーンですが、ポイントの為に「不要な物」を買ってしまうより、家族友達みんなで幸せになれる美味しい食品関係がおすすめです

「関連記事」

お買い物マラソンにおすすめの記事はこちらからご覧ください▼

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す