厳選マンおすすめのアイテム&トレンドを紹介

世の中に溢れる物の中から厳選した商品や人気アイテムランキングを紹介します ※当ブログのリンク先は主にアフィリエイト(広告)です

Home » 仕事着 » おすすめの【電熱ベスト】これがコスパ最強かも!激安2349円

おすすめの【電熱ベスト】これがコスパ最強かも!激安2349円

calendar

reload

昨シーズンから使い始めた「電熱ベスト」

凍える様な寒さの屋外作業や室内での暖房代の節約に大活躍してくれました▼

◆安い【電熱ベスト】はおすすめできる?楽天市場「最安値」1999円!◆

昨年購入したのが「1999円」

今年はより良い電熱ベストを探して「2349円」へグレードアップ

左が昨年買った1999円、右が今年の2349円

見た目にはほぼ一緒で最初は同じものを掴まされたと思いました

今回購入した電熱ベストがこちら▼

ショップ「YOZAKURA」

2349円(送料込み)

昨年購入したヒーター2箇所から9箇所へグレードアップ

色はブラックとネイビーの2種類

レビュー「3.96」※2023年11月21日時点(163件)

楽天市場で見る▼

【ブラックフライデー特別セール】速暖 電熱ベスト ヒーターベスト 電熱ジャケット ジャケット モバイルバッテリー別売り 発熱9箇所 USB給電 加熱ベスト バッテリー給電 3段温度調整 超軽量 暖かい アウトドア防寒対策 冬作業服 スキー 登山 釣り 冷え性 防寒服 男女兼用


裏のアルミの質感や生地感などほぼ同じ作り

おそらく同じ工場で作られている物だと思います

左は英語主体、右は中国語主体の説明文

おそらく左は海外向けにグレードダウンされたより安いモデル?


左胸部分のスイッチを長押しすると電源が入ります

赤(強)→白(中)→青(弱)

スイッチを入れって5分ほどすると赤(強)から白(中)へ自動的に切り替わるのも昨年のモノと同じ仕様ですね


【ヒーターの性能&暖かさ】

最初に「9つヒーター」と期待して購入したこの商品ですが、それは大嘘です

まず背中部分、メインで温まる部分は昨年購入した2箇所ヒーターのモノと変わりありません

首の襟部分と背中部分、肩甲骨の中心あたりに手のひらサイズの電熱ヒーターがあり

腰の部分も温かくなると期待していたのですが、全然あったかくならない・・

昨年購入した電熱ベストとの違いはお腹(ポケット)部分がちゃんと温かくなるくらいです

なので、正確なヒーター数は首、背中の2箇所に加えてフロントポケット2箇所の

合計「4箇所ヒーター」が正しい表記の仕方だと思います


もう一つ違いがあったのが、首の部分の暖かさ

昨年購入したモノは熱すぎて直接地肌に当てていると低温やけどしそうになるので、ネックウォーマーが必需品でした

今回購入した電熱ベストは一番強い(赤)で使用しても温度が抑えられているので、ネックウォーマー無しでも使えそうな気がしました

この点は品質の差でそうなっているのか、改良されているのか定かではありませんが、個人的にはうれしい仕様だと感じました


【まとめ】

「9つヒーター」という事で期待値が上がり過ぎていたため、最初はガッカリしましたが、プラス300円ちょっとでフロント脇腹部分が温かくなるのはナイスです

ベスト単体で着ている場合には手が冷たかったらサイドのポケットに両手を突っ込めば温まります

正しこれも良し悪しがあって、モバイルバッテリーを入れる内側のポケットと電熱線が干渉している為、使い続けているとバッテリーが高温になります

モバイルバッテリーへの負担という意味では心配な点ですね

という事でまだまだ改良の余地はありそうですが、今回購入した電熱ベストで昨シーズンより快適に過ごせそうな予感がしています

ハイシーズン(氷点下レベルの寒さ)での使用感に付いてはまた追記していきたいと思います


【楽天市場】

「お買い物マラソン」開催中!

〜2024年2月23日(金曜)01時59分まで

ショップ買回り&ラクマ購入でポイント最大11倍

うまく活用したい買い周りキャンペーンですが、ポイントの為に「不要な物」を買ってしまうより、家族友達みんなで幸せになれる美味しい食品関係がおすすめです

「関連記事」

お買い物マラソンにおすすめの記事はこちらからご覧ください▼

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す